April 2008 Archives

先月にフランスで作っていた新作のタイトルと、

今年の年末に発表する新作のタイトルが決まりました。

正確に言うと、もう決めないといけなかったので決めました。


worksのページにありますが、

「Adapting for Distortion」と「Haptic」という名前です。

一応ネーミングの理由もありますが、そんな堅苦しいことはいいでしょう。

トップページの画像が気持ち悪いかもしれませんが、

これはエラーでなく、こういう画像をわざと置いてあります。

これが「Adapting for Distortion」のイメージ写真です。

あんまり長いこと見ていると、

目がチカチカして気持ち悪くなると思いますので、

気をつけてください。


日本でこの作品をお見せできるかわからないのですが、

良い作品にすることができれば、

きっといつか機会をもらうことができるでしょう。


こうやってタイトルが決まると、

作品に対して少しずつ思い入れが生まれてきます。

まだできてませんけど。



Comments (0)

何年前からか、バーチャルワールドについて

さかんに議論されるようになりました。

それはインターネットを始めたとしたメディアの発達と

情報化社会と言われるほどの多量な情報によって

社会が動いていくことによるものだと思われます。

きっと昔からメディアについては様々な議論があったのでしょうが、

僕はよく知りません。

ただ自分が、テレビ・新聞・ネットなど、

とても多くのメディアを通じ、

とても多くの情報に晒されていることは実感しています。


先日パリで公演した際にあるダンサーの子から、

「リアルとバーチャルって何?」と質問されました。

その時の僕の回答はさておき、

今回のブログでそのことについて少し突っ込んでみようかと思います。


興味がある方も、ない方も、どうぞお付き合いください。

Comments (2)

Today I visited a small island in Japan, which name is "Naoshima".  It is far from Tokyo and not so convenient to visit there. But there are enough things in Naoshima for me to visit. 

Naoshima is very small island and very small village having old Japanese houses and streets. Atmosphere is very special even for Japanese people, I think. The purpose of my visiting there was to see a museum which name is "chichu museum", means "underground museum". I had wanted to see art works of the museum possibly.

Though weather was not nice, I was very impressed by the works, architectures and atmosphere of that island. I don't want to describe my feeling so much here on my blog. But I just want people to know this beautiful and special place in Japan. I am sure that people can enjoy both contemporary art and Japanese atmosphere. I can say that the atmosphere of the village is art itself.


If you had chance to come to Japan, you should put this place in your travel plan. I could help your visiting there but will not take you. Because of far.


今日、香川になる直島に行ってきました。

ちょうど岡山県と四国の香川県の間にある小さな島です。

ここに数年前にできた美術館があり、

僕はどうしてもその作品が見たかったので、

東京からだととても遠いところですが、

無理して行ってきました。


直島には古い町並みがそのまま残っていて、

このアートプロジェクトの企画の意図通り、

古い日本の町並みとモダンな美術館や作品が、

すばらしく調和していて、

それすら作品のようです。

色んな意味で体験型アートです。


僕の一番の目的は地中美術館です。

これがどうしても見たかったのです。

そして直島の他の場所にもいくつも作品があります。

とても刺激的な作品が沢山あって、

本当に来てよかったと思っています。

久しぶりに作品を見て感動し興奮しました。

ちょっと天気が悪く、それが残念でしたが、

晴れを狙ってまた来ようと思います。


夏にどこかに行きたいと思っている人は是非どうぞ。

ただ土日は混むんだろうと思います。

今日は人が少なく静かだったので、

鳥の声や町の音、美術館の中の静けさが

作品のように感じられるのですが、

混んでいると雰囲気が変わってしまうと思います。


http://www.chichu.jp >>

Comments (0)

9月の新国立劇場での公演の打ち合わせをしてきました。

今回の公演はAプログラムとBプログラムがあって、

それぞれ3組ずつ出演することになっています。

僕はそのAプログラムとして参加させてもらえることになっています。


こんなことを書くと、嫌なやつに思われるかもしれませんが、

僕は日本での公演の進め方が理解できておらず、

本当に戸惑うことが多々あります。

今回は疑問に思っていることや、わからないことを質問したら、

丁寧に対応していただけたので、とても有り難いです。


とても早いですが、

もしこのブログを読んでくれている方で、

観覧ご希望の方がいらっしゃいましたら、

6月くらいまでに日付と枚数を教えてください。

なんでこんな時期にこんなことを書くかと言いますと、

僕が忘れそうだからです。


まだとても先のことなので、

予定なんてわからないと思いますが、

とにかく頭の片隅にでもおいてもらえると、

うれしいです。

ちなみに公演日は9/6()7()8()です。

作品は昨年パリのシャイヨー国立劇場で発表した、

Accumulated Layout」です。

これを日本でできると思ってなかったので、

とても楽しみです。


宣材資料を用意しないと。


新国立劇場 >>

Comments (0)

サインインしないとコメントができなかったのですが、

設定を変更しました。

もしコメントされる方がいましたら、

Sign in to comment on this entry, or comment anonymously.

comment anonymouslyをクリックしてもらえると、コメントフォームがでてきます。

もしよければ試してください。



If you leave a comment, please click on "comment anonymously".

And then you will see comment form. I will be happy if you leave a comment or comments.


Comments (9)

Our website currently has been re-builded.

Please have a look and if you found something strange, please let me know.


Recently I got a skype number "+81(0)50 5534 7731". This is a good way of working on travel. I am trying to have my office without any place with internet.


Comments (0)

どうもこのサイト、Windowsではかなり体裁が変わってしまうようです。

サイトも刷新するなど、自分の身の回りの環境を整えている今日この頃です。


その中で、Skypeの電話番号を取得しました。

Skypeって何?っていう人もいるかもしれませんが、

インターネットを利用した電話です。

日本でもかなり普及していると思いますが、

海外ほどではないのと思います。

詳しいことに興味のある方はぜひ検索してみてください。


Skypeの電話番号は所謂IP電話の番号で、050から始まります。

050から始まりますが、一般固定電話と同じ機能です。

留守電もありますし、どこからでもこの番号にかかります。

僕にとって大きなメリットは、電話転送がとても楽で、

料金がとても安いためです。

僕は日本にいるときは、電話はもっぱらSkypeです。

携帯を使うより断然料金が安いためです。


例えば、日本にいるときはこの番号から日本の携帯に転送し、

フランスにいるときはフランスの携帯電話に転送するようにしています。

携帯がなくとも、ネット環境があれば留守電も聞けますし、通話もできます。


家なしオフィス化が進んでいます。

ちなみに番号は、050-5534-7731 です。

ただ日本にいるときは、携帯に電話をくれればいいわけで、

あまり機能しないでしょうが、仕事の方々には便利です。


話の要点はですね、僕に合わせてインフラが整うと

何かと僕に都合がいいということです。

ではSkypeのビデオチャットで会いましょう。

Comments (0)

韓国の公演が終わってから日本に戻ってきており、

この数日間はサイトのリニューアルをしていました。

そのため最近ブログを見ようとしても、

よくわからない画面が出ていたと思います。

そんな状態だと日頃から愛読してくれている人たちから

連絡があるのではないかと思っていましたが、

全くありませんでした。


これ以上時間をかけたくなったので、

まだ細かいところが調整しきれていないのですが、

時間があるときに少しずつ直していきます。

もし気づいたことがありましたら連絡ください。


サイトが生まれ変わるにあたり、

過去のブログの記事は一切閲覧できなくなりました。

理由は単に僕のスキル不足です。

生まれ変わるということは記憶を失うことなんだと独り合点しています。

完全に消えることは決してありませんが。


では今後もよろしくお願いします。


Comments (0)