December 2009 Archives

リハーサルの最中ですが、
パリでの生活スタイルに改めて日本との違いを感じます。

まず最初に風邪です。
ヨーロッパでは風邪をひいたり、熱が出たり、
頭痛がしたりすると、アスピリンを飲むのが通例です。
それを知って日本でアスピリンを探したのですが、
あまり見かけませんでした。
薬の事情は、エイズの非加熱製剤の問題のように、
政治的な意向や、お金儲けの具合で、
使われるものが変わってきます。
タミフルもきっとそうなのではないかと僕は勝手に思っています。
タミフルはアメリカの薬ですが、
処方料は、日本がダントツで世界トップだと聞きました。
おかしいですよね。

それの逆の例が、アスピリンかもしれませんので、
何が良いかとははっきり言えません。
なので、よほどのことがない限り風邪くらいでは
薬を飲まないことにしています。
ダンサー達に「風邪をひいた」と言ったら、
「薬いるか?」と言ってくれたのですが、
「薬は飲まないことにしているんだよ」と言ったら、
とても変な顔をされました。
日本での反応の、倍くらい変なものを見る顔をされました。
ヨーロッパでは薬を飲むのが日本の倍くらい常識なのかもしれません。


次に、今いるアパートが電気コンロです。
僕は電気コンロに詳しくなかったので、
電気コンロと言いましたが、
実はIHヒーターです。
僕はこの区別を正確にしていなかったがために、
余計な鍋を二つも買いました。
痛い目にあい悔しいので、
鍋のラベルを見ますと、
「Tous feux sauf induction」(全部の火に対応、誘導以外は)
と書いてありました。
inductionの誘導という意味は、IHを意味するようです。
直訳して、さらに電気コンロとIHの区別ができないと
正しい鍋は買えません。


さらにはクリスマスがやってきます。
今年は始めて年末年始をパリで過ごすのですが、
どういうことになるのかわかりません。
ただいま電車がストライキで動かなかったりしていますし、
予想だにしないことが起こるかもしれません。

ご存知の方も多いと思いますが、
ヨーロッパでのクリスマスは家族と過ごすものです。
日本の正月みたいな感じです。
「日本のクリスマスはカップル用だ」
と言うと、「変だ」と言っていました。
確かに変ですし、どういう経緯でカップル用になったんですかね。
敬虔なクリスチャンからするとナンパな日本のクリスマス文化には、
ほとほとあきれているでしょう。
ですが、そういうのもいいのではないかと僕は思いますので、
せっかくだから、カップル用には別の名前にすれば、
平和的な解決になるのではないかと提案します。

名付けるのは次回にするとして、
いろんなかたちでクリスマスを楽しんでください。
メリークリスマス。







Comments (0)
今週も引き続きリハーサルでした。
毎日少しずつですが、確実に進歩している彼らの踊りを見ていると、
やっていてとても楽しくなります。
今週のパリはとても寒い。
嫌になるくらいとても寒いです。雪です。
気温は0度を行ったり来たり。さすがにモモヒキです。
そしてとても眠くなるときがあります。

リハーサルの方は、
彼らの進歩がとても早くて、
僕も見たことの無い動き沢山出てきて、とても楽しいです。
だいぶ素材も集まって来たので、
そろそろ作品作りに入ろうかと思います。

ヨーロッパの人に、「寒いよね、ヨーロッパはさ~」なんて言うと、
「あと10年したら暖かくて、ヨーロッパももっと暮らしやすいよ」
なんて冗談が返ってきます。
温暖化は問題かもしれませんが、
いまいち素人の僕にはよくわかりません。
二酸化炭素が原因だとなっていますが、
本当にそうなのか、僕にはよくわかりません。

COP15はよくまとまらなかったようですが、
経済的、政治的な討論では難しいのでしょうか。
エネルギーの問題なんですかね。
僕も勉強しなければありません。
フランスのカフェの暖房が問題として取り上げられたそうですが、
今パリにいる僕にしてみると、これがなくなるのはさすがにきついです。





Comments (0)
Hip Hopダンサー達のリハーサルが始まっています。
まだ僕の基礎を学んでもらっている最中ですが、
彼らのテクニックはとてもすばらしいので、
なかなかおもしろい動きがチラチラ見えます。
僕も毎日30分、彼らのHip Hopレッスンを受けていて、
僕のHip Hopレベルも少しずつ上がってきています。
Hip Hopダンスー達のことをあまり知らなかったのですが、
彼らはタバコも酒もしない、とてもスポーツマンです。

現在は基礎トレーニングなので、
彼らには多少退屈なのでしょう。
ちょっと目を離すと、彼らのダンスにすぐなってしまいます。
Hip Hopと踊りが大好きなんですね。

今回の作品のタイトルは、
「2. repulsion」です。
反発力と、反発作用という意味です。




リハーサルの様子です。





Comments (0)
パリについて少しのんびりしています。
今日からHip Hop作品のリハーサルが始まるので、
ちょっと準備をしていました。
パリの気温は東京とあまり変わらず、
思っていたよりも暖かいのでよかったです。

ニュースでアトム通貨というものがあることを知りました。
東京から始まった地域通貨のようです。
地域通貨には興味を持っていたので、ぜひ使ってみたい。
東京で暮らしていると、どんどん地域の繋がりがなくなっていて、
昔からの商店がなくなり、どこの町に行っても大手のチェーン店ばかりなのが、
とても退屈で、つまらないと感じます。

日本はアメリカと同じようにファストフード化してしまって、
日本的なものがどんどんなくなってしまいましたし、
一部の大手企業ばかりが儲かるシステムになってしまって、
地域の潤いがなくなってしまいました。
しかしヨーロッパにはまだスローフードの文化が残っています。
「遅くて高くても、自分たちの地域のもの」というのが
元々のスローフードの発想だと思いますが、
そのように地元のお店みたいなものが良く守られています。
「早くて安い」のも良いですが、
それだけで全てが回っていては、なんだか寂しいものです。

地域通貨はそういう意味で僕には希望です。
ぜひ普及してほしい。
アトム通貨っていうのが良いですね。
使いたくなります。




Comments (0)
12月になりました。
日本での滞在は時差ボケでぼーっとした日々でしたが、
暖かくて、たまにスカーッと晴れる日があると、
すばらしいと実感します。
一週間いましたが、特に忙しくもありませんでした。

今日からまたパリに戻ります。
あのどんよりした曇り空を見つめる日々が続くかと思うと、
あまり楽しい気分にはなりませんが、
今年の最後の仕事なので、天気に負けず
前向きな姿勢で望みたいと思います。

天気が悪いと僕の気分も悪いので、
やっぱり天気がいい方がいいです。
太陽が見たい。


ではいってきます。
Comments (0)
日本で現在数日過ごしていますが、
相変わらず時差ボケになれません。
こういうのはきっと慣れることなんてできないのでしょう。
あと数日で、またパリに戻ってしまうので、
その準備をしながら、日本の現状を感じているところです。

やはりネットの情報だけよりも、
町に出ていろいろと感じている方が、
沢山のものが見えてきますし、
ネットで得ている情報に実感を持てたりして、
やっぱりその場所にいるということの強さを感じます。

最近、非モテという言葉を知りました。
そんな言葉も、町に出て人を見ながら、
「この非モテかな?」とか思ったりすると、
実感度合いが増します。

同じ年代の女の子達に、
彼氏がいない人がとてもとても多いということを
改めて強く実感を持ちました。
僕の周辺だと、男の子には彼女がいる、
妻がいるというのがほとんどです。
この現象は、他のヨーロッパの国でもよく見ます。
とても社交的ですし、社会の中でしっかり生活している女の子で、
出会いもそれなりにあるのでしょうが、
彼氏がほしいのにできない。

日本とヨーロッパでは原因に多少の違いがあるように感じます。
ヨーロッパに「非モテ」は自信を持って、ないと言えます。
ちなみに僕の調査で出ているデータで、
彼氏のできない女の子達が口を揃えて言うことが、
「肉食系の方がタイプだ」ということです。

ただ今詳しい原因調査中。







Comments (0)